English

湯乃上館   奥出雲湯村温泉 島根県雲南市

山陰 出雲の隠れ家、田舎屋敷

出雲の隠れ家

木造二階 田舎屋敷
一日二組 寛ぎの時

出雲国風土記より なづけて薬湯といふ 往来す 昼夜をわかたず 老若男女 再び濯げば萬の病いゆ やはらぎ 浴をすれば心身 薬湯あり 斐伊川のほとりに  

新聞記事から意訳 大正十三年七月二四日 隠居しました 草庵を結んで 薬湯の湧く湯村に 櫛名田姫と結婚をし 須佐之男尊は 草薙の剣 三種の神器のひとつ 出てきた刀は 大蛇の尾から 退治しました 熱した鉄を流し込み 須佐之男尊は 天照大神の弟 ヤマタノオロチを 天が淵に姿を消した 斐伊川沿いに逃れ
斐伊川
slide1 slide2 slide3 slide4 slide5 slide6 slide7 slide8 slide9 slide10 slide11 slide12 slide13 slide14 slide15 slide16 slide17 slide18 slide19
お料理
ご案内
 奥出雲湯村温泉は斐伊川の中流、奥出雲の山々に囲まれた漆仁の里にあり、明治期の頃まで漆仁の湯と呼ばれていました。 斐伊川の流れのように清らかに流れ下る温泉は、湯量豊富で適温な為、掛け流しで利用されています。
 鄙びた南画の田能村直入をはじめ多くの文人墨客がこの地を訪れ、清らかな湯と静かな風情を楽しんでいます。 往時には出雲と広島を結ぶ街道の宿場として栄えていましたが、鉄道の開通と伴に次第に賑わいも薄れ、静かな山あいの小温泉のたたずまいとなっています。
 せせらぎの音とともに春は桜、夏には河鹿(かじか)や蛍、秋は対岸の小嵐峡の紅葉、冬には雪景色と四季を通じて自然が満喫できます。 前を流れる斐伊川では夏場、鮎太公望で賑わい、当館でも天然鮎をご賞味いただけます。

◎ 冬は刺し網猟、野ガモ料理(12月初旬より要予約)、又は日本海の幸(アマダイ・セコガニ・ヨコワ等)をぜひご賞味下さい。
旧家族風呂が斐伊川を望む貸切露天風呂になりました。
日帰り入浴料:大人500円・子供150円・幼児100円
※貸切露天風呂は上記料金とは別に、1回50分貸切料として1100円(税込)頂戴いたします。
※宿泊者は無料。
囲炉裏のお食事処(※先にご予約された方の希望を優先させていただきます。)
2023/12/21 共同浴場受付時間が変更になりました。
10:00~20:30、21:00分終了
20:30で受付を終了させていただきます。

湯乃上館 - 奥出雲湯村温泉

〒699-1343 島根県雲南市木次町大字湯村1336番地
電話:tel:(0854)48-0513 FAX:0854-48-0514
© 2003 Yunouekan.